風俗店男性求人 イイ転職 関西版 ⇒関東版はコチラ

転職、副業に!風俗店男性求人情報『イイ転職』のイメージ画像 【NEW】特集『セクキャバとキャバクラの違いは?』が追加されました

風俗店の求人へ応募、そして面接へ

希望に合う職を見つけることはできましたか?
見つけることができたなら、次はその転職先へ応募しなければなりません。
学歴や専門スキルなどを持たなくても就職しやすい風俗業界ですが、常識は持っていなくてはなりません。
応募や面接で見られるのはそういった常識的な行動・言動を行えるかどうかなのです。
寛容な業界だからといって甘く見てはいけません。
相手に好感触を持たれやすい応募のコツや面接の手順を詳しく紹介します。

応募の方法は?

転職サイトを利用して自分から企業にアプローチする方法は大きく分けて2種類あります。
電話で応募する方法と、メールで応募する方法ですね。
それぞれの注意点をおさらいしておきましょう。

◆電話で応募する場合

・問い合わせを行う時間には気をつけましょう。
問い合わせ受付時間が明記してある場合にはそれに従い、その上で忙しそうな時間帯(開店直後など)は避けるようにしましょう。

・用件を最初に伝えましょう。
求人用と営業用(お客さん用)の電話番号が共通のお店は少なくありません。
まず始めに「求人サイトを見て募集の件で問い合わせました、××です。」という風に要件と名前を伝えましょう。

・手短に済ませましょう。
自分のプロフィールや過去の経験、希望の職種などお店の担当者から聞かれそうな質問は前もって答えを用意しておくとスムーズにことが運びます。
また、こちらから質問したいことなどがあるならばこれも事前にメモなどを用意しておくと聞き忘れたりすることがないのでオススメです。

◆メールで応募する場合

・希望は全て明記しましょう。
自分が希望する条件(働きたい店舗・職種・時間)は出来るだけ多く書いておきましょう。
そうすれば担当者からの希望条件等の確認の手間が軽減されます。
送信する前にもう一度確認することも忘れずに。

・自己紹介もしっかり書きましょう。
こちらも希望と同様、書けるものは詳しく明記すると良いでしょう。
名前や年齢などは当然ながら、経験や免許・資格の有無などのアピールも忘れないようにしましょう。

・文面には最新の注意を払いましょう。
担当者は友達ではありませんので、馴れ馴れしい話し言葉になっていたりしないよう確認を怠らないようにしましょう。
ひとつふたつの誤字脱字であれば大丈夫ですが、やはり無いほうが印象は良いです。

いよいよ面接

問い合わせの電話/メールで日程が決まったらいよいよ面接です。
緊張しないでというのも難しいですが、あまり硬くなりすぎないようにしましょう。
面接時の注意点をおさらいしておきましょう。

◆遅刻は厳禁!

よほどの事情がない限り遅刻は厳禁です。
特に事情もなく遅刻してしまった場合それだけで不採用が決まってしまうこともありますし、印象はとても悪いです。
面接の場所や時間は何度でも確認して、絶対に忘れないようにしましょう。
どうしても事情があり遅れてしまう場合でも、できるだけ早く電話で連絡を入れておきましょう。

◆必要な準備は忘れずに

事前に指定された書類等は忘れないようにしましょう(履歴書・職務経歴書など)。
特に何の指定もない場合でも、自己アピールが可能な資料があれば持ち込んでも構いません。

◆服装はスーツ

風俗業界の面接は多くの場合服装に指定がありません。
ですが、受付スタッフ等お客様と直接顔を合わせる仕事はスーツで行うことがほとんどなので面接時もスーツで行くのが無難です。
事務スタッフ等の内勤の場合は私服でも構いませんが、派手すぎない清潔感のある服装にしましょう。

◆相手の目を見て、はきはきと

風俗男性スタッフの一番の仕事は受付です。
面接時には当然対人の会話能力を見られていますので、一般常識的な会話(相手の目を見て話す・聞く/はきはきと喋る)をする努力をしましょう。
緊張してしまっても大丈夫です、面接官もちゃんとわかっています。

◆面接中の飲食・喫煙は問題外!

そんなことわざわざ注意する必要があるの?と思うかもしれませんが、世の中には風俗だからといって甘く見すぎている人が少なからずいるのです。
当然不採用ですので、そういう人もいるのだという話を心の隅にでも置いておいてください。