風俗店男性求人 イイ転職 関西版 ⇒関東版はコチラ

転職、副業に!風俗店男性求人情報『イイ転職』のイメージ画像 【NEW】特集『セクキャバとキャバクラの違いは?』が追加されました

キャバクラとは?

キャバクラとは風営法で「接待飲食等営業」に分類されるお店です。
この「接待」と言うのはお客の隣に座って接客することです。
カウンター越しに接客するバーなどに比べてより親密な接客が可能になります。
営業時間は大よそ夕方〜24時(地域によっては25時まで)。
最近では昼間に営業する「昼キャバ」やネット上でライブチャットを使う「ネットキャバクラ」など、新しい営業形態の店も増えてきています。

キャバクラスタッフのお仕事とは?

キャバクラの男性スタッフにはホールスタッフ・ボーイ・黒服など様々な呼ばれ方をします。
接待は女性スタッフ(キャバ嬢)の役割なので男性スタッフは店舗運営が主な仕事となります。
華やかな職場の裏側で活躍する男性スタッフたちの仕事内容について解説していきましょう。
興味がわいてきたら実際のお店の求人情報もチェックしてみましょう。

ウェイター・ホールスタッフのお仕事

基本的な仕事内容は通常の飲食店とそれほど変わりません。
店内の掃除から皿洗いなど開店の準備、ホールやキッチンを行ったり来たりしてお客様にお酒を提供したり電話の対応を行ったりします。
通常の飲食店と違う業務といえば、女の子をお客様に付ける「付け回し」があります。
お客様に指名の有無を確認し、なければお客様の気に入る女の子を見つけるため短時間で交代させていきます。
人気の女の子になると指名が多くあっちこっちに移動することもあるので管理は重要です、時計を見る機会は多くなります。
立ち仕事が多く体力を使いますが仕事の内容自体は難しいものではないのですぐに覚えられるでしょう。

マネージャーのお仕事

マネージャーになるとウェイター業務が減り、その代わり女の子を管理する仕事が増えてきます。
在籍する女の子の中から何人かを担当として受け持ち、その子たちが働きやすいようサポートするのがマネージャーの役割です。
女の子以上に女の子が担当しているお客様を把握する必要があり、センスだけではままならない仕事です。
メモを取ったりデータ管理を怠らないマメさがあれば十分にこなすことができるでしょう。

店長のお仕事

マネージャーで実績を積めばいよいよ店長への道が開けてきます。
お店の全スタッフを管理し業績を上げるためにイベントを考えたり広告を打ったり、お客様に満足いただけるようなサービスを考え実行したりして全体的な売り上げを上げるための業務を行う職です。
また、女の子の面接を担当することになります。
難しい業務ですが成果が上がったときの達成感は大きく、また成果はそのまま給与に反映されるためもっとも頑張り甲斐のある仕事です。

メリットとデメリット

キャバクラで男性スタッフとして就職するメリットはなんといっても昇格・昇給の早さでしょう。
そもそも昇格しやすい風俗業界の中でも、キャバクラ店のスタッフはトップクラスに昇格しやすい職種です。
頑張りが認められればすぐに店長になる人もいます。
面接から就労までの期間も早く、初日か2日目から日払いを受け取る事も可能です。
すぐに収入を確保したい人にはうってつけの仕事と言えるでしょう。

逆にデメリットはと言うと、立ち仕事がメインの為、体力を使います。
また、お酒を飲んで酔ったお客に対する接客は神経を使うので大変です。

キャバクラスタッフを上手くこなすコツ

・女の子との距離感は重要!
スタッフと男女の仲になってしまった女の子は高確率でお店を辞めてしまいます。
女の子の悩みや不満を解決することは大事ですが、あくまでお店を辞めないでもらうための仕事だと割り切りましょう。

・お客様にお酒を勧められることがあります!
基本的に飲む必要はありませんが、不安なら事前にどう対応すればよいかを先輩や店長に確認しておきましょう。

・女の子の名前と顔はすぐに覚えましょう!
顔を見れば名前が、名前を見れば顔が浮かぶレベルでしっかりと覚えましょう。
これがマネージャーへ昇格する第1歩です。
女の子の接客スタイルやお酒が飲めるかどうかなど詳細なプロフィールを覚えるか、覚えないまでもメモを取ってすぐに確認できるようにしておきましょう。

・お客様の顔と指名嬢も一致させましょう!
好きなお酒やタバコの銘柄なんかもまとめて覚えておくと最高です。
キャバクラで遊ぶお客様のほとんどは常連扱いを喜び、またお店に足を運んでくれるキッカケにもなります。
タバコに関してはお使いに出されることもありますので。