風俗店男性求人 イイ転職 関西版 ⇒関東版はコチラ

転職、副業に!風俗店男性求人情報『イイ転職』のイメージ画像 【NEW】特集『セクキャバとキャバクラの違いは?』が追加されました
転職・副業なら風俗業界!そのメリットとは?

男性の30代以降は、業務にも慣れ、正に働き盛り!
ところが、現代の中小企業のサラリーマンや契約社員、フリーターの人にとっては厳しい時代…。
昔のように給料は上がらず、苦労だけが積み重なる……。
そんな働き盛りの時だからこそ、今の職場で将来幸せになれるのか?
と不安が大きくなるものです。

そこで今回は、働き盛りの男性が風俗業界への転職・副業をオススメするメリットを紹介します!

^掬歸な始めやすさ

風俗業界は深夜営業が基本。さらにアルバイトなら出勤日数も少なくてOK。
副業として捉えるなら、現状の仕事と被らずに働ける上、ほとんどの業種が(ホスト以外)表立って他者と接する機会が少ない業種の為、オススメです。
「身バレ」に対してデリケートな業界ですので、その辺もバッチリ。
一生を左右する転職の場合、すぐ辞める…前に先立つもの、貯金もやはり必要。

環境を変える前の準備として、本業と同時進行しながら副業で風俗業界に携わってみるのはオススメですよ。
もちろん副業での働きが評価され、本業に変えて成功するケースも多い業界です!

給与ベースが高く、高収入

風俗業界のメリットはやはり「高給」であること。
正社員としての採用条件でも、資格、学歴、年齢などを問うことは少なく、それでいて給与ベースは一般企業よりも上である事が多いです。

毎夜と大きくお金の動く場所でありながら、男性スタッフの少ない風俗業界。
店が軌道に乗れば1年目から新店を任される場合もあります。

大きく給与ベースを上げて、優雅に暮らすも良し。コツコツ貯金して独立を虎視眈々と目指すも良し。
前職よりも給与を上げることで、失いかけたモチベーションや情熱が戻ってくるはずです。

8什漾男性従業員の需要過多!

その規模は5兆円とも言われる風俗業界。
女性従業員(風俗嬢)の方は、テレビメディアなどの影響で風俗店で働くことに対する心理的ハードルは年々下がっていて、気軽に風俗業界に足を踏み入れる女性が増えています。

しかし、男性従業員は未だに増えません。
ハローワークなどの求人媒体に広告を出せないデメリットもその一員です。
風俗店のオーナー達は、供給過多な風俗嬢を持て余し「任せれる人がいれば新店出せるのになぁ」と男性従業員不足を嘆いています。

一般企業の経験のある人ほど、安心して店を任せられる人材として歓迎されることでしょう。