風俗店男性求人 イイ転職 関西版
転職、副業に!風俗店男性求人情報『イイ転職』のイメージ画像 関東版はコチラ

職種・役職ごとに仕事は変わる

キャバクラで男性スタッフが担当する仕事にはいくつか種類があります。
それぞれについて紹介しましょう。
※キャバクラでの就業全般に関する情報は下記の特集を参照

キャバクラは転職先としてあり?

ウェイター・ホールスタッフ

ワインオープナー

仕事の基本は給仕
通常の飲食店とそれほど変わりません。
店内の掃除から皿洗いなど開店の準備、ホールやキッチンを行ったり来たりしてお客様にお酒を提供したり電話の対応を行ったりします。

給仕以外の業務では女の子をお客様に付ける「付け回し」があります。
お客様に指名の有無を確認し、なければお客様の気に入る女の子を見つけるため短時間で交代させていきます。

人気の女の子になると指名が多くあっちこっちに移動することもあるので管理は重要です、時計を見る機会は多くなります。
後述するマネージャーが店内にいる場合は自らで管理はせず、マネージャーからの指示を伝えるだけの役割になることもあります。

ウェイター・ホールスタッフ求人を探す

マネージャー

マネージャー

マネージャーはいわば現場監督
直接お客様と関わるウェイター業務が減り、代わり女の子や他の男性スタッフを管理する仕事が増えてきます。

現場のスタッフたちが働きやすいようサポートするのがマネージャーの役割。
スタッフ・お客様の両方をしっかり把握する必要があるため、経験がものを言います。
通常はいきなりこの役職に就くことはないのでウェイターから少しずつ経験を積んでいけば問題ありません。
メモを取ったりデータ管理を怠らないマメさがあれば十分にこなすことができるでしょう。

店長

キャバクラ店長

店長になると管理業務が主になります。
男女問わずスタッフを業務管理をして、売上アップに努めます。
イベントの考察、広告戦略、サービスの向上など、お客様に満足してもらえるよう頭を働かせます。
また、売上アップの鍵となる女性の面接を担当することになります。

店内を統括し、円滑な店舗運営を指揮するのが店長に与えられた役割。
責任重大ですが成果が上がったときの達成感は大きく、また成果はそのまま給与に反映されるためもっとも頑張り甲斐のある役職と言えるでしょう。

店長候補求人を探す